環境にやさしい「ココナツ洗剤」の ブルーシーインタナショナル


環境にやさしい「ココナツ洗剤」の ブルーシーインタナショナル

手肌にも地球にもやさしい「ココナツ洗剤」のブルーシーインタナショナル

  • Increase font size
  • Default font size
  • Decrease font size
Home Q&A

Q&A

Q&A

「石けん」と「合成洗剤」の違いって何?

洗剤は、家庭用品品質表示法上の分類により、「せっけん」と「合成洗剤」に分類されます。 「せっけん」とは、「脂肪酸ナトリウム」か「脂肪酸カリウム」のことです。そして、せっけん以外の洗剤のことを「合成洗剤」と言います。「せっけん」は油脂とアルカリを反応させて作られ、製造過程もケン化等の化学合成技術を用いますので、石けんも立派な合成化合物の一種です。せっけんと合成洗剤の分類は、あくまで法律上、便宜上のものなのです。

faq001

「界面活性剤」って何?

界面活性剤とは「水になじみやすい部分と、油になじみやすい部分の両方を持つ物質」で、「表面張力を低下させる力をもつ物質」です。 混ざり合わないはずの「水」と「油」を混ぜ合わせる作用や、 汚れに吸着して引きはがす洗浄作用、そのほかにも、起泡作用・保湿作用など、キレイに洗いあげるためのさまざまな作用をもっています。

例えば油汚れの付いた食器を界面活性剤を溶かした水に入れると、界面活性剤は食器表面の油汚れと食器との間に入り込み、油汚れを浮かせます。そして、浮いた油汚れは水中でその表面を界面活性剤で覆われてしまうため、再び食器に付着することが出来なくなり、食器はきれいな状態に保たれます。そして油汚れを含んだ水を洗い流せば、食器はきれいに洗浄されます。これが界面活性剤の洗浄作用です。

安全で、環境にやさしい洗剤の条件は
1.石油系ではなく、植物系の界面活性剤を使用していること。
2.少ない量でしっかり洗浄するために、洗浄効果が最大に高まるように界面活性剤を配合すること。
です。
ココナツの使用する界面活性剤はすべて植物由来で、排水は短時間で生分解され自然にかえります。

faq001

「生分解性」って何?

生分解とは、化学物質が微生物の作用によって有機物から無機物へ分解されることをいいます。生分解性の高い洗剤を使うことによって、環境負荷や魚毒性を最小限に抑えることができます。
ココナツ洗剤の排水は、7日間でほぼ完全に生分解されます。

他社の「エコ洗剤」とは何が違うの?

「エコ洗剤」といいながら、着色料や香料、石油系の洗浄補助剤を使った洗剤がほとんどです。ココナツ洗剤は石油系の化学物質はもちろん、合成着色料・合成香料も一切使用していません。
安全・無添加なので、シャンプーやボディーソープとしても安心してお使いいただけることも大きな特徴です。
ぜひ、「ご愛用者の声」ページもあわせてご覧ください。

 
[1]ココナツのコンセプト
[2]ココナツの7つの秘密
[3]ココナツの使い方
[4]お客様の声
[5]商品一覧
[6]販売店紹介
[7]ご注文
[8]会社案内
[9]サンプル申し込み
[0]販売代理店募集

(C) 2008 Blue Sea International.